ズキズキズッキー
BiSはこの先きっと大きくなるだろう。今回のワンマンなどは比にならないほどの大人数の前で歌とダンスを披露する日が必ず来る。それでもこの小さな一歩は、BiSにとって、その場を共有した人々にとって、とても大切な記憶として胸に刻まれたことは間違いない。
そして本当のラストに持ってきたのがなんと、「nerve」。4度目の正直である。一瞬目眩を覚えもしたが、BiSがこうして自分たちの代表曲を執拗に披露するのは、単に持ち曲の少なさからくる露悪的で挑発的な開き直りというよりも、例えばイルカが「なごり雪」を何年もかけて歌い続けるような、覚悟にも近いものを感じ取ってしまった。大袈裟かもしれない。深読みが過ぎるだろう。しかしBiSが「nerve」に、メンバーがBiSに託す思いはその場にいた誰もが受け取ったはずだ。
日本では1990年代前期までオウンゴールを「自殺点(じさつてん)」と呼んでいたが、この事件をきっかけに「自殺点」の呼び名は廃止され、これに代わる新しい呼び名として「オウンゴール」が採用されるようになった
television-cm:

『ボウリング』 篇 

television-cm:

『ボウリング』 篇 

television-cm:

「恋の宣誓 夏」 篇

gkojax:

【画像あり】フリーターの俺が可愛い子の画像を貼ってく:キニ速
20年ほど前(おそらく1982年)の遠景信用銀行のカレンダーに写り込んでいたいたモノ。オカルトランドの書き込みにもあった。 昼間の撮影にも関わらず、空が血に染まったように真っ赤で、岩盤にあかんぼうの顔が浮き上がっているように見える。 元ネタは北海道遠軽(えんがる)町の某信用金庫が配布していたカレンダーに写り込んでいたらしい「がんぼう岩」という都市伝説。
名無しさん@13周年@\(^o^)/ :2014/05/12(月) 23:51:38.53 ID:Z9KNcxZy0.net 昔の中国残留孤児の実親探しのときみたいに、 「今週の、身元不明で保護された俳諧老人の皆さん」 みたいな番組を作って、ゴールデンアワーに全国放送 したらどうか。 たぶん10年後には定番番組になっていると思う。 そういう時代が目前に迫っている。

ppropane:

最近のローカルアイドルシーンが盛り下がっていることはもう誰しも気付いていることとは思いますが…現状に対する個人的な認識を今一度まとめておこうと思います。

嵐とももクロでは10歳以上離れているメンバーもいるとはいえ、女性アイドルとの接触は、心中穏やかではないファンも存在するだろう。